home 当校案内 入校案内 教習時間割表 送迎バス
普通自動車 大型二輪車 普通二輪車 小型二輪車 準中型自動車
中型自動車 大型特殊車 限定解除 お知らせ お友達紹介
認定教育講習 取得時講習 高齢者講習 ブラッシュアップ講習
従業員の皆さんが所持している免許証を今一度ご確認下さい。
平成19年6月2日に道路交通法の一部改正が行われ、「中型免許」が新設されて今年の6月で改正後
2年が経過しましたが、最近次のような内容で所持免許が取り消されると言う実例が発生している様です。
安全運転管理者の皆さんにおかれましては、自社の従業員が所持する免許証を確認の上、このような
実例が発生することのないよう、事故防止のお願いとご案内です。
〜普通免許所持者に対する「運転できる車の大きさ」について〜
道交法改正後(平成19年6月2日以降)普通免許を取得した者が、会社の自動車(車両総重量8トン)を
運転し、
無免許運転で検挙され免許を取り消された実例です。
原因としては右の
ようなことが考え
られます。
○運転者が、普通自動車で運転できる車両総重量、最大積載量等について知識が
不足していること。(自動車学校では学科教習「運転免許制度」の項目で指導します。)
○運転者が、会社の上司などに言われるがまま、運転する自動車の車両総重量
などを車検証等で確認もせず運転してしまう
こと。
○会社の上司などが平成19年6月に道交法が改正され、それまでの普通免許が中型免
許(8トン未満に限る)になった知識はあるものの、改正後に普通免許を取得した者も
「普通免許でも8トンまでは運転できるだろう」と誤った考えで運転
させていること。
(改正後、普通免許で運転できる区分が改正になりました。)
改正前と改正後の比較表
改正前
普通免許で運転
できる普通自動車
車両総重量 8トン未満
最大積載量 5トン未満
乗車定員 10人以下
改正後
普通免許で運転
できる普通自動車
中型免許で運転
できる中型自動車
5トン未満 5トン以上11トン未満
3トン未満 3トン以上6.5トン未満
10人以下 11人以上29人以下

上記の比較表のように改正後は普通免許で運転できる普通自動車の数値が下げられましたので、実例の
ように無免許運転となります。
これにより、改正後に普通免許を取得した者が実例の自動車(車両総重量8トン)を運転する場合には、
新たに中型免許を取得する必要があります。
・・・中型免許を取得する場合は以下の条件が必要となります・・・
20歳以上で、普通免許又は大型特殊免許を受けていた期間が通算して2年以上
改正前に普通免許を受けている方は改正後に自動的に中型免許「中型車は中型車(8t)に限る」の
条件付
となり改正前と同様の大きさの自動車を運転できます。
   確認の方法   
運転免許証下段の免許証番号から下をご覧下さい。
「免許の種類」「他」の取得年月日を確認(平成19年6月2日が目安です)

普通免許所持者で技能教習15時限+学科教習1時限。仮免許取得の為の修了検定等を含みます。
(標準時限で終了した場合であり、延長の場合は別途追加料金が加算されます事をご了承下さい。
教習は笑顔でモットーに! 詳細につきましては
〒014-0001
大曲中央自動車学校 大仙市花館字萩台3 7 8
TEL 0187(62)1785
改正前の普通免許所持者の方は5時限(標準)で中型免許(条件なし)
の取得が可能!!
☆☆入校の際にはこのページをプリントアウトしてご持参下さい☆☆
home